Lightroom アプリケーション モバイル版 写真・動画の編集知識

【モバイル版Lightroom】書き出し設定で画質・解像度を変更する方法

  1. HOME >
  2. 写真・動画の編集知識 >
  3. アプリケーション >
  4. Lightroom >
  5. モバイル版 >

【モバイル版Lightroom】書き出し設定で画質・解像度を変更する方法

この記事のレベル

用語の難しさ

必要なスキル

内容の重要度

フォトコンテスト等に写真をアップロードするとき容量の上限や長辺の指定があったりします。

そこで今回はスマホ・iPad版のLightroomで書き出し時に容量を小さくして書き出す方法・長辺を指定して書き出す方法を解説します。

モバイル版Lightroomの使い方に慣れていない人必見の内容です。

この記事で学べること
・容量を小さくして写真を書き出す方法
・解像度、長辺を指定して書き出す方法

・指定した%ごとの具体的な容量の圧縮率

画質と解像度の違い

画質とは、画像の鮮明さ、色の正確さ、ノイズなど、画像全体の美しさのことです。これを書き出し時に変更してもあまり見かけに変化はありません。

解像度は画像の画素数を指し、通常、1インチあたりの画素数(PPI)または1インチあたりのドット数(DPI)で測定します。なので解像度の高い画像は画素数が多く、解像度の低い画像に比べてより鮮明で精細に見えます。

なので、こちらは画質の設定と異なり見かけに直接影響します。

それでは本題に入ります。

書き出し設定で画質・解像度を変更する方法

途中までは同じなので同時に進行します。

step
1
上部のメニューバー

普段書き出し時と同様のアイコンを押します。

表示の関係でiPadの画面ですが、操作方法に関してはスマホ版と同様です

step
2
「書き出し」で詳細設定

「書き出し」で詳細設定を選択。

カメラロールに書き出しでは、画質の設定等の詳細設定を行わずにすぐ書き出されてしまいます。

ここから画質・解像度の設定を変えることが可能です。画質の設定方法はそのまま読み進めてください。解像度の設定方法は以下のボタンからジャンプできます。

画質の設定方法

step
3
「画質」で設定

画質をパーセンテージで10%ごとに変更できます。

画質設定ごとの圧縮率
名目%100908070605040302010
容量12.4MB6.8MB4.4MB3MB1.5MB1.5MB1.1MB721KB609KB468KB
実質%10055352412129654
小数点以下切り捨て

100%と10%を比較するとかなり容量の差が大きくなりますね。しかし、解像度の面で差はあまり分からないレベル。

解像度の設定方法

step
3
「サイズ」で設定

先ほどの画面に続き、サイズで「使用可能な最大寸法」というところをタップすると、カスタムが可能です。

長辺の設定が細かくできるようになっています。

・8K(7680×4320)
・4K(3840×2160)
・フルHD(1920×1080)
・HD(1280×720)

解像度設定

画質の設定と異なりこちらは見た目に直接的に影響を及ぼします。

このように大きさが変わるので等倍で見た時に粗くなります。

まとめ : 複雑な関係の画質と解像度

いかがでしたでしょうか。まさか画質の設定で100%と10%にそこまで見た目の違いがないのには驚きましたね。ただ解像度の設定は直接影響しました。

書き出す方法の内容自体は簡単ですが、画質と解像度については複雑なので解説もさせてもらいました。長辺の指定などは最初のうちはあまりやる機会はないですが、フォトコンテスト等で必須の知識になります。また、写真で最高のパフォーマンスを出すのにも必須の知識です。頑張って覚えていきましょうね。

以上で終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kudou Eishi

自然とカメラが大好きな21歳。 コロナ禍で本格的にカメラに夢中になり、Canon R6を購入。ブログ、YouTubeを立ち上げ、現在に至ります。

-Lightroom, アプリケーション, モバイル版, 写真・動画の編集知識
-,