Camera - カメラ知識 Camera Body - カメラ

Bitについて簡単解説!

  1. HOME >
  2. Camera - カメラ知識 >
  3. Camera Body - カメラ >

Bitについて簡単解説!

この記事のレベル

用語の難しさ

必要なスキル

内容の重要度

一眼レフを始めた方はbitという聞きなれない言葉を耳にする機会が多くなったと思います。

そこで今回はカメラにおけるbitについて簡単に説明していきます。

この記事はこんな方におすすめ!
・Bit(階調)について知りたい人

・レタッチしたら縞模様が出る人

Bitとは

簡単に言うと、色の情報量です。8bitなら、2の8乗で256階調の情報量を持っているということになります。また、256階調をRGBの3つ、256の3乗なので、16,777,216色を表現しているということになります。

画像でイメージした方が分かると思います。bit数が大きいほど、2の画像のように色が滑らかに表現されます。

1
2

人間の目は一般的に1,600万色の識別できるので、およそ8bitと同じということになります。

※センサーサイズが大きいほど、階調表現がより豊かになります。

RAWデータ

RAWデータは何bitなのか気になるかもしれませんが、これは機種によって異なりますが、恐らくほとんどの機種が12,14,16bitのいずれかに該当すると思います。

12bit14bit16bit
4,096階調16,384階調65,536階調
687億色 4兆4,000億色 281兆4,749億色

JPEGデータ

JPEGデータは例外なく8bitです。

つまり、こういった意味で大きくグレーディングするなら例えデータが重くても、RAWデータで保存しておいた方がいいわけです。

バンディング

JPEGは8bitという話をしました。

JPEGをレタッチする場合には、色情報が不足しているために起こる、バンディングという現象が発生しやすいです。

https://www.hisour.com/ja/colour-banding-24591/様より引用

左の画像は右の方に比べて、色が滑らかに変化していないのが分かると思います。

まとめ

bit数について理解して頂けたでしょうか。多くの人がJPEGではなく、RAWで撮影すべきという点はこのような理由も多いです。RAWデータは重いですが、後々JPEGで撮ったことを後悔することも少なくないので、是非RAWで撮影したことがない方はRAWで撮影して自分の世界観を作ってみてはどうでしょうか。

以上で終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kudou Eishi

自然とカメラが大好きな20代です。カメラが難しいという方の助けになるようなコンテンツを作っています。

-Camera - カメラ知識, Camera Body - カメラ
-, ,