Camera - カメラ知識 Lens - レンズ

レンズの種類によって大きく変わる写真の世界

  1. HOME >
  2. Camera - カメラ知識 >
  3. Lens - レンズ >

レンズの種類によって大きく変わる写真の世界

この記事のレベル

用語の難しさ

必要なスキル

内容の重要度

一眼カメラにはスマホやコンデジとは異なり、レンズが交換できるという大きなメリットがあります。

そこで初心者の方に向けて簡単にどんなレンズがあるのか、それぞれはどのようなものかを簡単に説明していきます。作例も用意していますので、イメージが湧きやすくなっていると思います。

この記事はこんな方におすすめ!
・自分に合うレンズを探している人

・レンズにどんな種類があるか知りたい人
・レンズごとに撮れる写真を観たい人

簡単!レンズ概要

レンズは大別すると「ズームレンズ」と「単焦点レンズ」に分けられます。分け方は端的に言うと、焦点距離が変わるか否かの一言です。

単焦点は後でも述べますが、その名の通り単一の焦点距離しか持たず、ズームレンズは複数の焦点距離を持ちます。さらに、焦点距離によって、超広角→広角→標準→望遠→超望遠と呼び方が変化していきます。

以下の表では焦点距離と呼び方の関係を示しました。

超広角広角標準望遠超望遠
~24mm24-35mm35-50-80mm80-400mm400mm~
35mm換算

※CanonやLumix、その他のサイトを参考にして表を作成しましたが、人によっては認識が異なるので、参考程度に捉えていただけると幸いです。

ズームレンズとは

その名の通り、  ○○-○○mmという表記のズームができるレンズ  のことです。

ひとつのレンズで多くの焦点距離をカバーできるため、レンズ一本であらゆる被写体に対応できるので、持ち歩くのに軽量化できるのが大きなメリットです。特に旅行などに行く際には便利ですね。

広角

ココがおすすめ

・遠近感を強調できる
・被写界深度が深い
・手振れが気になりにくい

大自然をそのまま表現したり、遠近感を強調したいときには、広角が有効です。また、ピントが全体に合いやすく被写界深度が深いのでボケにくく、焦点距離が短いために手振れに対しても余り気を使わなくていいのもメリットだと思います。

24mm 1/1000sec f6.3 ISO125
24mm 1/500sec f5.0 ISO160

EOSR6+RF24-105mm F4L IS USM

表現上のデメリットがあり、多くの被写体が画角に入るため、何を表現したいのかが見る側に明確に伝わりにくい写真が多くなりやすいです。

標準

ココがおすすめ

・人間の目に近い画角
・これ一本で色んな景色を撮影できる

人間の目に一番近い画角です。写真で見るのと実際に見るのと変わりないので、一番人がよく見る景色を再現できます。また、被写体に寄ったり、離れたりすることで、色々な見え方にできるのも標準レンズの良い所ですね。

50mm 1/320sec f6.3 ISO200

EOSR6+RF24-105mm F4L IS USM

望遠

ココがおすすめ

・遠距離から物体を撮影できる
・圧縮効果を得やすい
・背景ボケしやすい

野鳥などの動物撮影や肉眼では見えないレベルの物を写真に収めることができるので、新しい発見があるかももしれません。

300mm 1/250sec f5.6 ISO200
300mm 1/100sec f5.6 ISO200

EOSR6+EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM

また、望遠レンズはF値が広角・標準レンズと同じ場合、背景がボケやすくなっています。

理由は後でお話しする圧縮効果とも関係しています。理由を数式などを使って詳しく説明するのは難しいですが、端的に言うなら「焦点距離が長くなることで圧縮効果が強くなり、遠くの物が近く大きく写るので大きくなった分ボケも大きくなる」ということです。

105mm f5.0

EOSR6+RF24-105mm F4L IS USM

圧縮効果

望遠レンズは圧縮効果と呼ばれる効果があります。(厳密に言えば、望遠レンズ固有の効果ではなく、すべてのレンズで生じる効果です。)

簡単に解説しますが、遠くにあるものが近くのものと重なり遠近感が少なくなり圧縮されたように見える効果のことです。

EOSR6+EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM

単焦点レンズとは

こちらもその名の通り、  ○○mmという表記のひとつの焦点距離しか持たないレンズ  のことです。

ココがおすすめ

・F値が小さくボケやすい
・明るい
・値段が安いものがある

固定の焦点距離なため、F値が小さくなることでボケ感が強いので、とろけるようなボケ感を生かした写真が撮れると思います。

50mm 1/6400sec f1.8 ISO100

F値が小さい分明るく撮れるため、室内での撮影では単焦点がおすすめです。

50mm 1/125sec f1.8 ISO400

EOSR6+RF50mm F1.8 STM

なお、先ほど説明した通り望遠レンズはボケやすいため、100mmF2.8のような、望遠で単焦点というようなレンズはかなりボケるということが、以上の話からお分かり頂けると思います。

マクロレンズ

ココがおすすめ

・被写体に寄れる
・顕微鏡で見たような画を撮れる

最短撮影距離(被写体に寄ってピントが合う距離)が短く、最大撮影倍率(イメージセンサーに投影される被写体の大きさ)も1倍程度のものを指します。そのため、肉眼では見えない世界観を演出できます。

まとめ

一眼カメラのレンズについて簡単ですが理解して頂けたでしょうか。一眼カメラの良さと言えば、レンズを交換できることですので、いろんなレンズを使って自分の世界を表現しましょうね。

以上で終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kudou Eishi

自然とカメラが大好きな20代です。カメラが難しいという方の助けになるようなコンテンツを作っています。

-Camera - カメラ知識, Lens - レンズ
-, ,