How To - 方法 Lightroom Photography - 写真知識 レベル別 中級者 初心者

【Lightroomの作業倍速】時短・ミス防止に役立つショートカットキーを紹介

  1. HOME >
  2. Photography - 写真知識 >
  3. How To - 方法 >
  4. Lightroom >

【Lightroomの作業倍速】時短・ミス防止に役立つショートカットキーを紹介

この記事のレベル

用語の難しさ

必要なスキル

内容の重要度

レタッチ作業を効率化するためにできることのひとつとして、ショートカットキーを覚えるのはとても有用です。

しかし、たくさんあるキーを全部覚えるのは不可能ですよね。そこで今回は、今回はもっとも使用頻度の高そうなものを厳選し紹介します。

レタッチを効率化したい人必見の内容です。

この記事で学べること
・Lightroomの作業効率化キー

・具体的な使い方

Lightroomで作業を効率化!数あるショートカットキーを厳選して紹介

沢山ある中から10個選びました。WindowsとMacでは対応するキーが異なるので注意してください。

内容WindowsMac OS
書き出しCtrl + Shift + ECommand + Shift + E
前回の設定で書き出し Ctrl + Alt + Shift + ECommand + Option + Shift + E
設定を同期Ctrl + Shift + SCommand + Shift + S
現像設定のコピー・ペーストCtrl + Shift + C(V) Command + Shift + C(V)
白飛び・黒潰れ表示JJ
補正前・補正後の比較表示YY
編集をひとつ前に戻るCtrl+ZCommand+Z
編集をひとつ''先''に戻るCtrl+Shift+ZCommand+Shift+Z
スライダーのリセットスライダー名をダブルクリック
or
スライダーの△をダブルクリック
スライダー名をダブルクリック
or
スライダーの△をダブルクリック
切り抜きツールを選択RR

太字の内容を簡単紹介

特に便利なショートカットキーの使い方を画像を使いながら紹介します。

設定の同期

はじめに基準となる写真をレタッチします。

それが完了したら、ライブラリでCtrlを押しながら、同期したい写真を複数枚選び、コマンドを押します。

そうすると下のようなポップアップが出てきます。これで同期のボタンを押したら完了です。

ぶっちゃけた話、ショートカットキーを使わなくても、右下隅に同期ボタンがあるのでそちらを押してもいいです。(笑)

大量現像や深度合成をしたい方には、便利な機能ですね。

白飛び・黒潰れ

Jを押すと、白飛びは「赤」、黒潰れは「青」で表示されます。

現像したときは、大丈夫だったのに別の端末で見ると、白飛び・黒潰れしている!なんてことを回避できます。

補正前・補正後の比較表示

Yを押すと二画面になり比較できます。

彩度が高すぎないか、コントラストを上げ過ぎていないか等、確認するのにとても便利です。

まとめ : ショートカットキーは他にも沢山

たくさんのショートカットキーを紹介されている方もいらっしゃいますが、さすがにすべて覚えるのは無理だと思うので、厳選しました。

上記の中でも黒太字にしたのは、とても便利な機能ですので、是非覚えてください。

以上で終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kudou Eishi

自然とカメラが大好きな20代です。カメラが難しいという方の助けになるようなコンテンツを作っています。

-How To - 方法, Lightroom, Photography - 写真知識, レベル別, 中級者, 初心者
-, ,