レベル別 初心者

instagramで1つのルールを守るだけで写真がうまくなる方法

  1. HOME >
  2. レベル別 >
  3. 初心者 >

instagramで1つのルールを守るだけで写真がうまくなる方法

この記事のレベル

用語の難しさ

必要なスキル

内容の重要度

写真をもっと上手くなりたい。あなたもこの記事を見てくれているということは感じていることですよね。

そこで今回は、誰でもマネできる私が実践していたインスタグラムを活用した写真の上達方法を紹介します。

独学で上達したい人必見の内容です。

この記事で学べること
・記録ではなく作品になる撮影の仕方

・初心者が身に着けるべき構図
・綺麗なギャラリーの作り方

instagramで1つのルールを守るだけで写真がうまくなる方法

少し抽象的ではありますが、このルールが重要です。

1つのルール

3分割グリットの中でも写真の要素がわかること
(以下、グリットルール)

カメラを始めて間もない人などには有効です。これを守ると初心者のうちに身につけるべき基礎が身につくと私は考えています。

ある程度基礎が固まってくると型を破る必要もあるのでわざわざSNSのプラットフォームの形式に縛られる必要はないと思います。

グリットルールが果たす役割

主題のブレを防げるようになる

いきなりですが、あなたは富士山の写真で「下手だな」と思う写真って少ないと思いませんか。その理由は非常にシンプルで大体の人は富士山を主題として写真の真ん中に配置するからです。

写真がまだ上達途上の人がやりがちな代表例はこんな感じです。

  • 1.水平が取れていない
  • 2.主題が曖昧(何を撮りたかったのか不明瞭)
  • 3.意図がなく見切れていたり、要素が詰まり過ぎている

私の写真歴数カ月の時の写真を見ても2,3の要素に当てはまっていますよね。

インスタグラムのグリットは正方形なので、主題必ず中央にくれば伝えたいことが伝わりやすい写真になります。

トリミングなども使って調節してみましょう。

被写体の詰め込み過ぎを防げる

インスタグラムを見るときのデバイスは多くがスマートフォン。その中で3分割された写真たちは相当小さくなる。なので、写真の中の情報量が多ければ多いほど見る側は何の写真かを認知しにくくなります。

私は写真を作品にする場合において、「何を写すか」より「何を写さないか」が非常に重要だと思っています。

なので、3分割表示されている段階で被写体が何か、分かるくらいまで寄って撮る、望遠で撮る、トリミングするなどすることで残したい被写体が明確になっていきます

これを意識したことで私の場合は同じ場所・機材で撮影してもこのようになりました。

レタッチの差に関してはお許しください。

情報量の多さの程度の目安に関しては定量的に示すのが難しいですが、以下の写真のように建築物というグループが沢山ある分にはごちゃごちゃした印象にはなりにくいと思います。

逆に違うグループの要素、例えば、人・建物・乗り物・食べ物というような同じ種類とはいえないものが入るほどごちゃごちゃになると思います。

イメージで言えばこれに近いかな...

バランス感覚・構図が身に付く

以前こちらの記事で解説したように、写真には人がいいと感じる構図にはパターンがあります。

これに従うと大体主題は中央に寄り、副題は分割線の交点上に配置されることが多かったりします。

すると不思議とその2つの距離感は心地の良い距離がパターン化します。つまり、インスタグラムの表示に従うと自然と主題と副題が正方形の中に収まるようになってきます。

もちろん4~5分割構図した場合など例外はありますが、初心者のうちは基礎的な使い勝手の良い3分割構図や三角構図、日の丸構図などで練習するとお手本写真が見つかりやすいのでオススメです。

こんな感じでインスタグラムの3分割正方形表示は初期段階の基礎構図に従うと、主題・副題が綺麗に収まるようになりますし、ギャラリー全体の見やすさを保てたり、基礎構図が身に付くようになります。

まとめ : インスタグラムは最高の学習ツール

いかがでしたでしょうか。今回はインスタグラムを活用した基礎を身に着ける方法についての解説でした。

小さな画面で目を惹く写真には必ず構図・色・光など様々な要素が高次元で表現されています。SNSには世界的な賞を取られている人の写真があふれているので、分析して再現のためのルールを作って実践してみると新たな発見があると思います。

私もまだまだなので、一緒に成長していきましょう!!

以上で終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kudou Eishi

自然とカメラが大好きな21歳。 コロナ禍で本格的にカメラに夢中になり、Canon R6を購入。ブログ、YouTubeを立ち上げ、現在に至ります。

-レベル別, 初心者
-